明日にプラス

大阪のこと、日々のあれこれ書いてます

スーパーの入り口と、病院の入り口で。あるあるな出来事とは?

f:id:f-plus:20200506005630p:plain

皆さん、こんにちは!コマさんです。

今頃は、気候が良くて過ごしやすい春のはずなのに、春を通り越して夏になったようですね!

本当に暑い💦もう夏が来てしまったようです。

 

こんなに暑いと、マスクを外したくなりますよね。

でも、今が一番油断をしてはいけない時期。

なんとか頑張らないと…ですね。

 

この新型コロナウイルスが流行るようになってから、今まではなかったのに個人的にあることが増えました。

それは、スーパーなどにおいてあるアルコールの消毒液を使うときの出来事なんですけど…。

 

スーパーなどに行くと、アルコール消毒液が置いてありますよね。

スプレータイプや、ポンプ型などいろいろですね。

私もいつも一応、使うのですがその時のこと。

私がポンプを押して、手に塗っている時に、次に来られたおばあさんがポンプの下に手を置いて待っているんです。

手に塗りながら「ん?」と思って見たら、私のことを見ているんですね。

あ、消毒液のポンプを押せってこと❓と思い、押してあげたら

「ありがとう」とニッコリ(≧▽≦)

 

たぶん、消毒するためのポンプを、たくさんの方が触るから自分で押したくないのかもしれません。

ちょっとわかるような気もしますが(笑)

 

また、違う日に病院に行った時のこと。

病院の入り口で、消毒液の前でずっと立っているおばあさんがいました。

その消毒液は、足でペダルを踏むと出てくるタイプ。

要領がわからなかったらしく、代わりにペダルを踏んであげました。

「まあ、ありがとう」とまたニッコリ。

 

コロナウイルスが流行らなかったら、こんなことも無かったなあと思います。

でも、全然いいんです!

コロナウイルスが無くなるなら、何回でも押します、ポンプぐらい(笑)

私にとってのアルコール消毒液あるあるは、また何回もあるのかな~。

皆さんも、こんな風な似たようなことありませんか~(^O^)/

 

さて、それでは、今日はこの辺で。

コマさんでした~(@^^)/~~~

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村