明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

「大家さんと僕」を読みました!心が温かく、そして優しくなれる本でした。

f:id:f-plus:20190921020025j:plain

皆さん、こんにちは。

私は図書館でよく本を借ります。

読みたい本が図書館にない時には、もちろん予約をします。

でも予約は順番なので、人気がある本は必然的に手元に届くのが遅くなります。

 

さて、今回ご紹介するこの本「大家さんと僕」。

これも予約してから、かなりの月日が流れました。

どれくらい待ったのかなあ。手帳に書いておけばよかったな。

 

今まで最高に待ったのは、又吉直樹さんの「火花」です。

芥川賞を受賞された日に予約したら、1860人待ちでした~(笑)

ハリーポッターのシリーズも、7巻目は900人待ち。

 

ずいぶん待たされるけれど、予約したことすら忘れてることも多いので、いつか読めるわぐらいに思っています。

そして、今回やってきた「大家さんと僕」。

この本は、お笑い芸人のカラテカの矢部太郎さんが書かれたマンガです。

80万部も売れたというのですから、すごい人気!

なかなか手元に届かないのも当然ですね。

 

この本は、実際に矢部さんが大家さんと、ひとつ屋根の下で暮らされていた日常を描いたものです。

矢部さんは、2階建ての1軒家の2階に住んでいました。

そして、1階に住んでいるのが大家さんです。

マンガに登場する大家さんは、小柄な87歳のおばあさん。

矢部さんと大家さんは、だんだん仲がよくなり、ふたりはお茶をしたり、お話したりの日常を過ごします。

 

なんでもない日常を描いているのですが、矢部さんの描くマンガはふわっとやわらかく、心が温かくなるんですよ。

「ごきげんよう」とご挨拶される上品な大家さんがとても可愛く描かれています。

読みだしたら、矢部さんと大家さんの生活にすっかりはまってしまいます。

クスッと笑えて、読むのが止まらない本でした。

 

矢部さんは、この大家さんの2階に9年間も住んでいました。

実は大家さんは、2018年8月に亡くなられたそうです。

矢部さんはかなりのショックを受けられたようで、2冊目は描く気もなかったとか。

でも1冊目のマンガを大家さんがとても喜んでいたので、2冊目も描いたらまた喜んでくれるかもと思い描いたそうです。

 

それならば、2冊目の本「大家さんと僕 これから」も予約しなくっちゃということで早速予約をすることにしました。

今度は、418人待ちです!

きっとこの本も、忘れたころにまた手元に届くことでしょう (笑)

 

f:id:f-plus:20190921022030j:plain

 

ところで、矢部さんの相方さんは、少し前に闇営業で騒がれていましたね。

この「大家さんと僕」を読んでいたら、相方さんが出てくるシーンが描かれていました。

大家さんを心配する矢部さんに、言葉は優しくないけれど、相方さんの優しさを感じる一コマがありました。

読んでいて、なんだか切なくなる一コマでした。

 

矢部さんはご自分の人生の中で、大家さんのような方と出会えて、とてもいい経験をされたことと思います。

本当に、心が温かくなる本でした。

皆さんもまた、機会があれば読んでみてくださいね(^O^)

続編も、いつの日かまた感想をお伝えしたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました(*´▽`*)