明日にプラス

いろいろな大阪を皆様にお届けします

大阪で紫陽花を見るなら長居植物園へどうぞ

f:id:f-plus:20180611223326j:plain

皆さん、こんにちは。コマさんです。

梅雨の季節になりましたね。

毎日、雨が続いたりすると、気分も下がってきますよね。

しか~し、雨だからこそ楽しんでいただきたいことがあります。

それは、紫陽花を見に行くことです!

雨なのに出かける気にならないでしょ、普通。

と皆さんのお声も聞こえてきそうですが、その雨がすごく降っている日に、コマさんは行ってきました。

そこがどこかというと、「長居植物園」。

 

あの長居陸上競技場があるところですよ。

紫陽花を見に行くのに、有名なお寺もいいですけど、コマさんは長居植物園をおススメ!

 

上の写真の紫陽花を見てください!

こんなにきれいに咲いているんですよ。

よく見かける、薄紫色や薄いピンク色とはまた違ってきれいな色でしょ。

そして、よく見かける薄紫色とピンク色も。

定番の紫陽花と言えば、やっぱりこの色ですよね。

 

f:id:f-plus:20180611230124j:plain

 

f:id:f-plus:20180611230141j:plain

 

次に見ていただきたいのは真っ白な紫陽花。

白い紫陽花も本当にきれいですね。

紫陽花は紫陽花の持っている色素と、その土壌で色が変わるんですよね。

しかし白い紫陽花は、色素をもともと持っていないので、色が変わることはありません。

ずっと真っ白のまま。

色がだんだん変わる紫陽花も魅力的ですけれど、真っ白も素敵ですね。

 

とにかく、紫陽花はどんな色でもきれいです。

それに最近は、紫陽花の鉢植えも人気ですよね。

母の日に、紫陽花の鉢植えをプレゼントする方も多いそうですよ。

 

f:id:f-plus:20180611231455j:plain

 

とにかく、広い長居植物園。その広さは24.2haと言われています。

この植物園には、季節ごとにたくさんの花たちが咲きそろいます。

今の季節は紫陽花がいっぱい。

 

そして、この植物園にはお得な年間パスポートもありますよ。

そのお値段は1,000円です!。

普段は1回入場すると大人は200円です。

パスポートは、よくこの植物園に訪れる方にとっては、お得なお値段ですよね。

でも今回、訪れたコマさんは、雨の日の特典ということで150円で入場しました!

雨の日でもいいことあるもんだなぁ。

 

f:id:f-plus:20180611230213j:plain

 

広大な植物園には大きな池があり、そこには白鳥さんも雨の中、優雅に泳いでました。

 

f:id:f-plus:20180611230237j:plain

 

最後に、植物園のなかにある、博物館に行きました。

正確な名前は「大阪市立自然史博物館」です。

 

f:id:f-plus:20180611230323j:plain

 

今までにも何度も入ったことがあるけれど、この博物館は入るたびに楽しいんですよね。

特に、恐竜の標本は迫力がありますよ。

博物館の中の写真は撮れなかったのですが、入り口の外にある標本だけでも見てください。

この標本はナガスクジラという名前です。

公募で「ナガスケ」という名前も付けてもらったそうですよ。

この標本は、全長19メートルもあり、7年もかかって骨格標本にしたそうです。

すごいですね~。

この博物館に入るには、300円を支払うことになっています。

と言っても、植物園と込みで300円。

私は、今日は150円で入園したので、あと追加の150円を払うことで博物館に入れました。

当然ですが、博物館は雨にも濡れず、快適に見ることができました。

 

f:id:f-plus:20180612000549j:plain

 

さて、今日は長居植物園の紫陽花プラス、博物館をご紹介しました。

ここは本当に大人も子供も、みんなで楽しめますよ。

皆サンもぜひ訪れて見てくださいね。

雨の日も、楽しいコマさんでした~。

 

f:id:f-plus:20180611230058j:plain

 

長居植物園

  ・住所:大阪市東住吉区長居公園1-23

  ・電話:06-6696-7117

  ・入園料:大人 200円、博物館共通券 300円

       高・大学生 200円、博物館共通券 200円

       中学生以下・大阪市在住65歳以上 無料

  ・アクセス:Osaka Metro 長居駅下車、3号出口より東へ徒歩800m