明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

今年は桜の方から「さようなら」と言われたようなお花見でした

f:id:f-plus:20190408002431j:plain

皆さん、こんにちは。コマさんです。

桜、満開ですね~ (*´▽`*)

 皆さんがお住まいの地域も、桜がきっときれいなんだろうなと思います。

 

毎年、桜を見に行く神社がありまして、今年も行ってきました。

まだ子供が小さかった時は子供と一緒に見に行ったり、自分の親とも見に行ったり。

でも、ここ何年かはひとりで見に行ってます。

 

今年もひとりで見に行ったら、満開でとてもキレイでした。

でも、いつも通りきれいなのに、何かがいつもと違う気がしました。

それが何なのか、しばらくしてわかりました。

 

それは、私がここの桜の中で一番きれいだと思っていた木がなくなっていたからなんです。

近くに寄ると、根元からバッサリと切られていました。

 

大阪は、昨年(2018年)の台風21号でかなりの被害が出たんですね。

私も、あんなに台風でいろいろなものが飛ぶのを初めて見たくらい。

その強い台風は、神社や公園などの大木を次々と倒してしまったのです。

 

根元から切られている木は、根元の土が盛り上がっていたので、やはり台風の被害を受けたようです。

去年見た桜が最後だったんだなと、今年になって気が付きました。

私はあと何年桜を見ることができるのかなと、思ったりすることがありますが、桜の方からいなくなることは考えたことがありませんでした。

 

ここの桜が1本切られても、誰も気がつかないかもしれません。

でも私は、その1本が特にお気に入りの木だったので悲しい気持ちになりました。

本当に残念ですが、心の中でその木にお礼を言いました。

今まで、きれいな桜を見せてくれてありがとう!と。

 

桜は本当にきれいですよね。

神社に咲く桜も、公園に桜も、道やよそのお宅の庭に咲く桜も。

どこに咲く桜も、本当にきれい。

 

さまざまな場所で、ここに桜を植えようと考えて植えてくれた方に感謝したいです!

春になると、こんなにたくさんの人を楽しませてくれるのですから。

私も桜を植えて、これからずっと後の人たちを楽しませたいなあ…そんなことができたらいいなあ。

などと花見の帰りに思う私でありました (#^.^#)