明日にプラス

いろいろな大阪を皆様にお届けします

初めての鉄製フライパン。その使いごごちは?

f:id:f-plus:20180813225030j:plain

皆さん、こんにちは。

最近、「鉄玉子」といい、何かと鉄分補給にこだわっているコマさんです。

 そして先日、鉄製フライパンも手に入れました!

フライパンって、私、好きなんですよ~。

使い勝手がいいし、お手入れも簡単ですし。

それでは、今日はフライパンの話を聞いてくださいませ。

 

 

auからのプレゼント

 

どのご家庭にも必ずフライパンはありますよね。

皆サンは、どのようなフライパンを使われていますか。

私は、3つのフライパンを愛用しているんですね。

  • 30cmのフライパン
  • 28cmのフライパン
  • 26cmのフライパン

どれも手ごろな値段のフライパンばっかりですけど、私には使いやすくて毎日の必需品。

28cmのサイズのフライパンは深さもあり、蒸し料理を作るのにも重宝します。

でも、30cmと28cmのフライパンが傷んできたので、そろそろ買い換えたいなあと思ってたところ、auからのメールがきました。

「2年契約のギフト券をお使いになられましたか?」と。

ギフト券?。そういえば確かにきてたような気がする…。

すぐにチェックしたところ、ギフト券が私宛にプレゼントされていました!

 


ところで、auをお使いになっている皆サン、ギフト券を忘れずに使われましたか?

2年契約(誰でも割)の契約更新のたびに継続すると、auから3000円のギフト券のプレゼントをもらえるんです。

このギフト券は、Wowma!や、au WALLET market で使うことができますよ。

私も何をもらおうかと調べたところ、鉄製のフライパンセット(28cmと24cm)を見つけました!

お値段もちょうど3,000円で、迷うことなく選びました。

 

初めての鉄製フライパン

 

はりきって注文したフライパン。

届いたフライパンはこんな感じです。

 

f:id:f-plus:20180813225030j:plain

 

同じような大きさに見えますが、28cmと24cmです。

持ってみるとかなり重く、ずっしりしています。

測ってみると、28cmの方が1.1㎏で、24cmの方が0.9㎏でした。

この重さでは、さすがにチャーハンの時に、片手でフライパンを前後に揺することはできません。

でも、説明書には

「使い込めば使い込むほど、油なじみが良く、焦げ付きにくくなり、長く使うほど愛着がわきます」

と書いてあります。なんかいい感じ。

ただし、使う前にやらないといけないことがあるらしいのです。

 

使用方法

 

まず、やらないといけないことは「油ならし」。

これは、フライパンを熱し、大さじ4~5杯の油を入れ全体に行き渡らせます。

そして余分な油をオイルポットに戻したら、コンロの上でフライパンを冷まします。

最後にキッチンペーパーで内側をまんべんなく拭けば出来上がり。

そして、早速使い始めたのはいいのですが…焦げつく。

そう、かなり焦げつくんですよ。

 

f:id:f-plus:20180813224507j:plain

 

説明書には、焦げつく場合は、油ならしを続けて行いましょうと書いてあります。

でも、なんだか、めんどくさい。

洗う時も、洗剤は使わずに、タワシやささらなどでお湯で洗わなくてはいけないのだとか。

洗った後は、フライパンを熱し、水気を飛ばして油を薄く塗っておくのだとか。

かなり、めんどくさい。

しか~し、せっかく自分で喜んで申し込んだわけだし、この一連の儀式を何とか続けています。

最近になって、少し焦げつきがマシ?になってきた感じはするのですが。

 

おしまいに

 

鉄製にあこがれたものの、説明書にあるように、愛着はいつわくのかまだ疑問です。

今思えば、お値段お手頃のフライパンは、使うのにハードルが低かったなあと思います。

でも、この鉄製フライパンも使い込んだら、きっと手放せなくなるはず。

そう信じて、しばらくは一連の儀式をがんばることにします。

このフライパンで、美味しいお料理ができるようになるといいのですけどね。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。