明日にプラス

いろいろな大阪を皆様にお届けします

熱中症対策にこんなグッズはいかがですか

f:id:f-plus:20181108235028j:plain

皆さん、こんにちは。コマさんです。

毎日この暑さで、ほんとに体も疲れますよね。

 熱中症で病院に運ばれる方も増えているというニュースもよく聞きます。

実際、皆サンはお体は大丈夫ですか。

まだまだ暑い日が続きますので、熱中症にはならないようにくれぐれも気をつけてくださいね。

それでは、この暑さに負けないように、今からでも熱中症対策をしましょう。

 

熱中症とは

 

熱中症とは、暑い中、体温が下がりにくい状態で起こる体の異常のことです。

外でスポーツしたり、炎天下にいるとなりやすいのは皆サンもご存知ですよね。

また外だけではなくて、家の中でもエアコンを使用しないと熱中症になることは知られています。

お年寄りや小さなお子様は、熱中症になると危険ですので注意が必要です。

症状としては、頭痛や吐き気、めまいなどが出ます。ひどい症状になると、ぐったりして自分で動けず意識がなくなることもあるんです。

そんな状態にならないためにも、水分はこまめにしっかり摂りましょう。

飲み物はポカリスエットなどが効果的です。

 

対策グッズ

 

1. 日傘

日傘は夏の必需品ですよね。女性ならほとんどの方が持っていると思います。

でも、ポイントは何本か用意することです。

例えば、いつものかばんにはもちろん、お買い物に行く時のバッグにも1本、会社の机の引き出しにも1本入れておくと便利です。

外出する時に、しまった日傘を忘れた!と慌てないためにも、日傘を分散しておくことをオススメ。

男性はなかなか女性のように日傘をささないでしょうが、これからは男性も気軽に日傘をさすようになればいいなあと私は思います。

2. 飲み物

 

暑い時期は必需品ですね。自動販売機でもすぐに買うことができますが、やはり持参しておくと安心です。

マイボトルを用意してこまめに水分を摂りましょう。

お子様がいる方は、お子様の分とご自分の分もお忘れなく。お母さんは、自分のことがどうしても後回しになることが多いですもんね。

 

3. 扇子

 

f:id:f-plus:20180725003958j:plain

 

これもあれば便利ですよね。お気に入りの扇子を見つけてください。

バッグに入れておけば、いつでもどこでも使うことができます。

今では100均に行けば、種類も豊富にありますよ。お値段もリーズナブルですから、何本か用意するといいですね。

 

4. 塩分補給

 

熱中症には水だけではなく塩分も摂るのが良いのは皆さんもすでにご存知ですよね。

塩飴やタブレットなど、熱中症対策のためのお菓子もずいぶんと販売されています。

いろいろな種類がありますので、お気に入りを常備しておきましょう。

 

5. ボディーシート

 

実は私、昨年に熱中症の症状が出て、このボディーシートにお世話になったんです。

すごくめまいがしてしんどくなったんですが、一緒にいた友達が、ボディーシートを私の首辺りにおいてくれたのがとても気持ち良くて。

おかげでわりと早くに、病院にも行くことなく復活できました。

それ以来、何かと便利なのでバッグにはいつも入れています。夏場はメントール入りが気持ち良くて私の必需品です。

 

f:id:f-plus:20180725004027j:plain

 

左がマンダムのボディーシート、クールミントの香りです。メントールがさっぱりと気持ちいいですよ。36枚入りで400円ほどです。

右はダイソー商品です。20枚入りで108円。メントール入りではありませんがサンリオのシナモンロールのパッケージがが可愛いシートです。

 

まとめ

 

熱中症は、暑い中、体温が下がりにくい状態でおこる体の異常です。

室内でもなるので、水分を上手に摂って予防しましょう。

熱中症対策のグッズを揃えておくと便利です。

日傘、飲み物、扇子、塩分入り飴、ボディーシートなどを用意しておきましょう。

 

今回は熱中症対策をご紹介しました。まだまだ続く暑い夏を元気に過ごしたいものですよね。

グッズを用意するのはもちろんですが、普段から栄養のあるものをしっかり食べるようにしましょう。

それでは皆サン、どうぞご自愛くださいませ。コマさんでした。