明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

大阪市立美術館の「江戸の戯画」見ごたえありました!

f:id:f-plus:20180613232110j:plain

 

皆さん、こんにちは!。コマさんです。

今、大阪の天王寺の美術館で「江戸の戯画」という展覧会が開催されていますが、ご存知ですか。

ところで戯画ってなに?と思われたかもしれません。

皆サンも、カエルやウサギが相撲をしている絵を、きっと見かけたことがあるはず。

そのような戯画をたくさん集めたものが「江戸の戯画」展です。

 

 

「江戸の戯画」展は、作者別に第一章から六章に分けられて展示されています。

中でもオススメしたいのは、第四章の歌川国芳の「金魚づくし」。

この金魚づくしのシリーズは全9図あるのですよ。

とにかく、擬人化された金魚たちがかわいくてたまりません。

この9図が揃って展示されるのは、なんと世界初!なんです。

しかもこの9図が見られるのは、展示期間の前期のみ。

展覧会自体は6月10日(日)までやっていますが、前期の5月13日(日)までしか展示されていません。

というわけで、5月13日までに行かれることをオススメします。

 

f:id:f-plus:20180613232154j:plain

 

そして、他にも有名な「葛飾北斎」の戯画もありますよ。

北斎と言えば浮世絵や美人画で有名ですよね。

でもこの「江戸の戯画」では北斎の戯画も見ることができます。

北斎ファンだけでなく、たくさんの方にぜひ見ていただきたい戯画です。

 

この「江戸の戯画」展は、約280件もの戯画があり見ごたえが十分ですよ。

コマさんは金魚づくしが可愛くて、とても見入ってしまいました。

そして、もうひとつ気に入ったのは第2章の耳鳥斎(にちょうさい)が書いた戯画。

ユーモアたっぷりの地獄図巻はおもしろくて笑ってしまいました。

地獄図巻とは、職業によって地獄の戯画が描かれています。

例えば、歌舞伎役者は、縛り付けられて大根を食べさせられます。

うなぎを焼く川魚屋さんは、うなぎのように串に刺されて焼かれたり。

文字にすると残酷なように思われるかもしれません。

しかし、ユーモアのある耳鳥斎(にちょうさい)の戯画を見れば、皆サンもクスっと笑ってしまいますよ。

 

とにかく、戯画の展示がたくさんあり、おもしろくて、見ごたえあったなあというのがコマさんの感想です。

現代で見ても、戯画がこんなに楽しいなんて、見るまでは知りませんでした。

今より娯楽の少ない江戸時代には、戯画はさぞかし人気があったのでしょうね。

 

展示会場を出ると、戯画のイラストの本やグッズが販売されていました。

ポストカードもたくさん揃っています。

見ているといろいろ買いたくなってきますよ。

 

それでは最後に「江戸の戯画」の詳細をお伝えします。

 

期間:2018.4.17(火)~6.10(日)

場所:大阪市立美術館(毎週月曜日休館。ただし4/30は開館)

時間:午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前まで)

料金:一般  1,400円・高大生  1,000円(前売り・団体は各200円引)

交通:JR・地下鉄天王寺駅近鉄大阪阿部野橋駅下車、北西へ徒歩約 400m。

                       「江戸の戯画」カタログより

 

大阪市立美術館は、他にも常設の展示もありますよ。

ご家族やお友達と「江戸の戯画」展にぜひおでかけになってくださいね!