明日にプラス

大阪のこと、日々のいろいろなことを書いてます

もしかしたら、本当のサンタクロースは子供の方かも…?

f:id:f-plus:20191225012635p:plain

今年も、クリスマスがやってきましたね!

良い子のみんなのところには、今頃サンタさんがやってくる頃なのかなあと思います。

 

ずいぶん前になりますが、クリスマスにはうちの子供のところにも、毎年サンタさんはやってきました!

次の日の朝に、子供が

「おかあさん!ほんまにサンタさん来た~」

という声を聞くのが嬉しかったことを思い出します(*´▽`*)

それはとても、幸せな瞬間でした。

 

最近、あることがあって昔の写真を見る機会がありました。

本当にアルバムを開けたのは久しぶり。

そのアルバムの中には、サンタさんを喜んでいた子供たちがたくさんいました。

 

かなりの枚数の写真を撮っていたので、アルバムは何冊にもなります。

アルバムの中には、赤ちゃんの頃から、中学生になるくらいまでの子供の写真でいっぱいです。

よくもこんなに撮ったものだと自分でもビックリ(*_*)

 

でも、1枚ずつ見ていたら、本当になつかしくてかわいくて…。

写真を見ていると、その時々のことを、はっきりと思い出してきました。

私は当時、子育てでとても忙しい毎日でした。

でも、こうやって1枚ずつ見ていると、子供たちはこんなに表情豊かな顔を毎日見せていてくれていたのかと気づきました。

この頃は、それが当たり前すぎて気がつかなかった。

 

こんな表情は、20歳をとうに超えた今、もう見ることはできません。

私は、毎日子どもからのたくさんの笑顔や、言葉をもらっていたのだと、写真を見ていてハッキリと感じました。

もうたくさんのものを、まちがいなく、子どもからすでにもらっている。

心から、ありがたいことだと感じました(*´▽`*)

 

そして、こんな風に写真を見る機会があったことにも感謝したくなりました。

当時、たくさんの写真を撮っていた過去の自分も、少しほめてあげたい気分。

よくぞ、こんなにいろんなシーンの写真を撮ってえらかった…と(笑)

これからも、その時々にしかできないことを、がんばってやっていけばいいのだなと、改めて思いました。

 

今年も、それぞれのご家庭の良い子たちが、サンタさんからクリスマスプレゼントをもらうことでしょう。

小さなお子様がいるご家庭の皆さん、どうぞ幸せな時間をお過ごしください。

実は、子供の方が、本当はサンタさんなのかもしれませんね(^_-)-☆