明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

「太陽の塔」展と、開催場所の「あべのハルカス」はこんなところ!

f:id:f-plus:20181011004410j:plain

皆さん、こんにちは。コマさんです。

2018年9月15日から11月4日まで、あべのハルカス美術館で「太陽の塔」展が開催されています。

 

太陽の塔は、皆さんご存知の、1970年に大阪で開催された万国博覧会のシンボルの塔です。

今回は「太陽の塔」展と、あべのハルカスについてご紹介します。

 

  

太陽の塔」展とは?

 

太陽の塔は、現在でも万国博覧会会場の跡地に建っています。

でも、現在の太陽の塔の顔は2代目なんですよ。

その初代の顔は、1992年~1993年の改修工事で取り外されました。

 

f:id:f-plus:20181011004234j:plain

 

つまり、今回の展示の見どころはズバリこれ!

なんと、その初代の太陽の塔の顔が展示されているのです。

ここまで顔を間近に見ることができるのは、なかなか貴重なことだと思います。

現在の太陽の塔のそばに行っても、顔はずいぶん上にありますので、このような近さで見ることはできないからです。

その顔の大きさは直径11メートルもあるんですよ!

 

また、当時の万博の、地下展示ゾーンもジオラマで再現されています。

そして、当時展示されていた、「地底の太陽」はいまだに行方不明なのですが、今回の展示で復元されています。

 

太陽の塔を作った方は岡本太郎さん。

その岡本太郎さんのスケッチやレプリカの作品なども楽しめますよ。

 

f:id:f-plus:20181011004254j:plain

 

万博が大好きな方にも、万博を知らない世代の方にも楽しめる展示となっています。

お土産売り場も、太陽の塔グッズがたくさんあるので展示の後もまだまだ楽しめますよ!

 

f:id:f-plus:20181011004410j:plain

 

あべのハルカスは日本一高いビル!

 

さて、ご紹介した「太陽の塔」展が行われているのは、あべのハルカスにある「あべのハルカス美術館」です。

ところで、あべのハルカスとは何?と思われた方にここでご紹介いたします。

外観はこのような建物です。

 

f:id:f-plus:20181011004320j:plain

 

大阪の天王寺にあるあべのハルカスは高さが300メートルもあり、その高さはなんと日本一なのです!。

このビルは複合ビルで、デパート、美術館、ホテル、展望台などがあり一日中楽しめるところなんですよ。

レストランもたくさんあるので、何を食べようか本当に悩んでしまうほど。

 

www.abenoharukas-300.jp

 あべのハルカスのフロアガイドを載せてみました。

どうぞご覧になってくださいね。

 

あべのハルカスを楽しむには?

 

さて、あべのハルカスはとても広くて、いつもたくさんの人で賑わっています。

外国から来られた方も、たくさん遊びに来られています。

それではフロアごとにご紹介しましょう。

 

B2F~14F あべのハルカス近鉄本店

B2F~14Fはデパートになります。

近鉄本店の地下は、食料品のフロアで食料品がとても充実しています。

とくにB1Fの洋菓子・和菓子・ベーカリーのフロアは、その種類の多さに驚きますよ (笑)。

とにかく美味しそうなお菓子がいっぱいです。

他のフロアも、ないものはないというぐらいの品ぞろえです。

 

そして、12F~14Fはレストラン街になります。

名前も「あべのハルカスダイニング」。

友達とランチをする時も、フロアを行ったり来たりで、いつもかなり迷います (笑)。

 

16F あべのハルカス美術館

 

こちらのフロアが先ほどの「太陽の塔」展を開催していた美術館になります。

とても興味のある内容で、開催してくれるんですよ。

ちょっと気が早いですが、来年に開催されるのは「クマのプーさん展」。

 

f:id:f-plus:20181011011025j:plain

 

さて、この16Fには、美術館の反対側に、庭園があり外の景色を見ることができますよ。

ベンチや木などもあり、ゆったりと過ごせる場所です。

 

f:id:f-plus:20181011004459j:plain

 

この展望台は無料なので、皆さん外を眺めたり、ベンチでおしゃべりしたり楽しくすごされています。

この16Fで、高さは地上80メートルになりますよ。

 

f:id:f-plus:20181011004516j:plain

 このような景色を楽しむことができます。

そして、この16Fから、最上階の展望台「ハルカス300」に行くための展望台エレベーターがあります。

 

f:id:f-plus:20181011004530j:plain

16Fからハルカスを見上げたところです。

 

17F~57F

今回、あべのハルカスをご紹介することで、私も17F~57Fを詳しく知ることができました。

ハルカスと言えば、デパートと展望台のイメージしかなかったんですよね。

 

それが調べてみると

 

17F                  近鉄保育園

17~18F、21~36F       オフィス

19~20F、38~55F、57F    大阪マリオット都ホテル

 

とこのようになっていました。

このような高い場所のホテルは眺めもいいでしょうね。

オフィスでも働いてみたいなあと思いました。

 

58~60F ハルカス300(展望台)

 

このハルカス300は地上300メートルの展望台になります。

日本一高いビルからの景色は、最高のはず!

というのも、一度は登ってみたいと思いつつ、私もまだ見ていないんです。

入場料は大人で1,500円。

 

www.abenoharukas-300.jp

 

ここは景色を見るだけではなく、「エッジ・ザ・ハルカス」というアトラクションがあるんです。

こちらは料金がひとり1,000円になります。

このアトラクションがどんなものかと言うと、最長端部となる、ガラスウォールの上部に作られたデッキ上を命綱を装着して歩くというものです。

 

命綱をつけているとはいえ、想像してみてください。

360度の絶景と、眼下に広がる景色…。

スリル満点で楽しめるのか、恐怖でしかないか、そのどちらかですよね。

試してみたいような気もしますが、やっぱりこわいかも…。

 

他には、眺望ガイドツアー、ビアガーデンやバーベキューなどを楽しめます。

また、ヘリポートがあるので、その見学などもできるんですよ。

 

最後に

 

今回は「太陽の塔」展と「あべのハルカス」をご紹介しました。

とにかく盛りだくさんの「あべのハルカス」です。

全部のフロアを回るとしたら、1日では足りないかもしれません。

ご紹介した以外でも、いろいろなイベントや催し物があります。

ひとりでも、お友達とでも楽しめる「あべのハルカス」のご案内でした。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。