明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

「エキスポシティ」は家族で楽しめる大型エンターテインメント施設

f:id:f-plus:20181129004516j:plain
皆さん、こんにちは。

2025年に、大阪で万博が開催されることつながりで、今日は「エキスポシティ」をご紹介します。

ここは、1970年に万国博覧会が開催されたところなんです。

皆さん、お馴染みの「太陽の塔」があるところですよ。

 

万博を知らない世代でも、「太陽の塔」は、クレヨンしんちゃんの「オトナ帝国の逆襲」で知った方もいるのでは?

万博が終了した後は、「エキスポランド」という遊園地が作られましたが、現在はエキスポランドは残念ながらありません。

しかし、2015年に、そのエキスポランドの跡地にこの「エキスポシティ」が誕生しました。

それでは、エキスポシティがどのようなところかお伝えします。

 

 

 

エキスポシティとは?

 

エキスポシティの最寄り駅は、大阪モノレールの万博記念公園駅です。

この駅を降りると、万博のシンボルである「太陽の塔」が見えます。

 

f:id:f-plus:20181129010223j:plain

 

大阪の人にとっては、「太陽の塔」は馴染みのものなんですよ。

久しぶりに太陽の塔を見ると、やっぱり嬉しくなるんですよね。

 

小学生のころは、遠足で来たり、家族と遊びに来たり。

大人になってからは、私も子供を連れて遊びに行きました。

当時はエキスポランドという遊園地が万博の跡地に出来ていたんですね。

こんな風に、自分の人生のいろいろなシーンで「太陽の塔」を見ているので、思い出すことも多くて、懐かしく、そして嬉しくなるのかなと思います。

 

今ではエキスポランドも閉園になり、その跡地に「エキスポシティ」ができました。

このエキスポシティは、とても広くて、172,000平方メートルの敷地なんですよ。

エキスポシティには、300店舗からなる「ららぽーとエキスポシティ」があり、ショッピングや食事を楽しめます。

その他にも映画や動物と楽しめたりするエンターテインメント施設が7つあります。

 

エキスポシティは「遊ぶ、学ぶ、見つける楽しさをひとつに」というテーマで作られました。

たくさんの施設はとても1日では回り切れないほど充実しています。

 

 

ガンダム好きにはたまらない「GUNDAM SQUARE」

 

エキスポシティは「いつも新しいワクワク、ドキドキと出会える場所」ということで、まずはこんなところからご紹介です。

 

さて、皆さんの中には、ガンダムを好きな方がたくさんいらっしゃると思います。

なんと、このエキスポシティには、5メートルもの大きさのガンダム立像があるんです。

ガンダムVSシャア専用ザク(赤い彗星)の戦闘シーンの立像があるんですね。

 

最寄り駅を降りて、まず太陽の塔でテンションが上がり、次にこのガンダム立像を見てさらにテンションが上がります(笑)

そして、ららぽーとエキスポシティの中にあるガンダムのショップ、「GUNDAM SQUARE」は、ファンでなくても楽しめるお店ですよ。

 

中で食事もできますし、ガンダムのお菓子や、いろいろな小物などを見て回るのが楽しいお店です。

私もガンダムの人形焼きを買いました!

 

f:id:f-plus:20181129004723j:plain

 

ららぽーとEXPOCITYの「万博食堂」でランチ

 

「GUNDAM SQUARE」でもランチは食べることはできるのですが、他にもお店がたくさんあるのでいろいろ見に行くことにしました。

 

そして、せっかく万博跡地のエキスポシティに来たので、万博気分になろうと思い「万博食堂」でランチをすることに。

 

f:id:f-plus:20181129004743j:plain

 

この万博食堂は、お店の中も1970年当時の、なつかしいポスターやジオラマが飾られてます。

各国の国旗が飾られていたりと万博気分になること間違いなし。

 

メニューも各国のパビリオンのような名前になっています。

私が注文したのは、「ソ連名物 ボルシチ&ピロシキ」。

 

f:id:f-plus:20181129004758j:plain

 

野菜やビーツがたくさん入ったボルシチは、意外とあっさりした美味しいスープです。

ピロシキは、ミンチ肉が入った揚げパン。

結構ボリュームがあり、満腹になりました。

 

おしまいに

 

今回はエキスポシティをご紹介しました。

と言っても、エキスポシティのほんの一部分でしかありません。

このエキスポシティはとにかく広くて見どころがたくさんあるんですよ。

また、続きは次回に紹介させていただくということで、今日はこの辺で。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。