明日にプラス

大阪のこと、日々のあれこれ書いてます

「たこ焼きの岸本」の2作目「涙の花嫁行列」もとても面白い本です。2冊まとめてぜひ読んでください!

f:id:f-plus:20210202010807j:plain

皆さん、こんにちは!コマさんです。

今回は、本の紹介をさせていただきたいと思います!

本のタイトルは「たこ焼きの岸本2 涙の花嫁行列」です。

 

この本は、蓮見恭子さんが書かれた、大阪が舞台の小説です。

1作目がめちゃくちゃ面白かったので、2作目もワクワクしながら読みました。

どちらも、おもしろいのでおススメの本ですよ~(^O^)/

 

 

 

 

1作目「たこ焼きの岸本」

 

まず1作目のあらすじをサラッとお伝えすると…

 

f:id:f-plus:20201004181950j:plain

 

「たこ焼きの岸本」は、大阪の住吉大社のそばでたこ焼き屋を営む、岸本十喜子が主人公です。

夫に先立たれ、ひとり息子は家を出たままで音信不通。

そのような状態の十喜子でしたが、商店街の仲間と交流して暮らす毎日。

そんなある日、息子がひょっこり帰ってきて…

 

そして、読み進めていくうちに、終盤に展開していく話の面白いこと(≧▽≦)

さすが、「第8回大阪ほんま本大賞」を受賞したのがわかります。

この、大阪ほんま本大賞とは、大阪の本屋と問屋がほんまに読んでほしい本を選んだもので、それに受賞することなんです。

 

そもそもこの大賞に選ばれるには、条件がさらに3つあるんです。

 

1. 大阪に由来のある著者、物語であること

 

2. 文庫であること

 

3. 著者が存命であること

 

この3つは、絶対条件なんです!

私にも、小説を書く才能があれば良かったのにな…と思います(≧▽≦)

3つの条件はクリアできるのに~(笑)

小説をお書きになる方はすごい才能ですよね。

本当に尊敬しています!

 

1作目を読んだ時の記事です。

良かったらお読みくださいね~(^_^)v

 

www.ashitani-plus.com

 

 

2作目の「涙の花嫁行列」

 

さて、2作目はどんな内容なのかなと思ったら、十喜子の若いころのお話でした。

1作目には、すでに亡くなっていたご主人の進との出会いが書かれています。

このお話が、また良かった!

 

十喜子の心の内が、すごく丁寧に書かれているんですね。

1作目では思い出としてしか出て来ない進のことも、2作目でじっくり読むことができます。

まじめな十喜子が、どうして進と結婚したのかが詳しくわかります。

1作目で家を出ていた息子の性格も、進の話を読むことで、なんとなくわかるような感じもしましたね~。

 

どなたが読んでもおもしろい本ですが、大阪人が読んだら、より面白い本です!

地理的にもとてもリアルで、美味しいお料理もたくさん出てきますよ~(^O^)/

 

 

3作目も出来たら嬉しいな

 

2冊とも、とてもおもしろかったのでシリーズになったらいいなあ…と個人的に思っています(≧▽≦)

商店街の個性的な登場人物も、私はもう勝手に想像して楽しんでいるくらい (笑)

 

この蓮見恭子さんが書かれた、「たこ焼きの岸本」が大阪を代表する映画やドラマになればいいのになあと思います。

すでにラジオドラマは作られたようですが、残念ながら聞けなかったんですね。

ぜひ、聞いてみたかったなあ(≧▽≦)

 

 

 

おしまいに

 

というわけで、今回は「たこ焼きの岸本」、「涙の花嫁行列」のご紹介でした。

もし興味がおありでしたら、ぜひ読んでくださいね~。

 

今回も、とても楽しい本に出会えて幸せ💕です。

蓮見恭子さん、大阪の本を書いてくれて本当にありがとうございました!

 

それでは今日はこの辺で。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました(^O^)/

コマさんでした~♡

 

 

 

f:id:f-plus:20210130181309j:plain

minne.com