明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

田蓑(たみの)神社のご利益は金運アップ!狛犬さんの足をなでるのがポイントです。

f:id:f-plus:20190815143836j:plain

皆さん、こんにちは。コマさんです。

昨日、書こうと思っていた記事を書いてみたいと思います。

宇治金時のかき氷を食べる前に、可愛い女の子に落とした1円玉を届けてもらう前に、私はある神社に出かけておりました。

その神社の名前は「田蓑(たみの)神社」というところです。

この神社が、とても金運アップのご利益があるということで行ってきたんですね。

その金運アップは「狛犬」がポイントになっているんです。

狛犬さんに金運アップの秘密があるということなんですよ~(^O^)/

 

 

 

 

狛犬さんの足に金運アップの秘密が…

 

このタイトル。気になりますよね~。

もったいぶるな~とお叱りを受けそうなのですぐに言います!

と言っても、もうタイトルに入れてるんですけどね (笑)

 

金運アップのご利益を受けるためには、この神社の狛犬さんの足を触らせていただかないといけないのです!

狛犬と言えば、神社には必ず対で置かれていますね。

その狛犬の足を触ると金運アップにつながるらしいのです!

 

普通、神社には狛犬さんが、わりといくつも置かれているものですよね。

この田蓑神社も、狛犬さんは1対ではありません。

しかも、どの狛犬さんの足が金運アップにつながるのかわからないと神社側もおっしゃっているようなんですね。

おそらく、本殿の前の狛犬さんではないかと言われてるようなのですが…。

 

狛犬さんの足を求めて…

 

本殿の狛犬

 

先ほども書いた通り。おそらく、金運アップにつながる狛犬さんはこの本殿前のものらしいのです。

こちらが、その狛犬さん。

 

f:id:f-plus:20190815144253j:plain

 

f:id:f-plus:20190815143836j:plain

 

立派な狛犬さんですね~。

というわけで、早速どちらの狛犬さんも足をなでなで触らせていただきました。

 

そもそもこの田蓑神社の本殿には、住吉大社と全く同じご祭神が祀られています

最初はそこが気になって参拝しようと思ったのですが、金運アップにつながる話にもつながり、より行ってみようということになったのでした !(^^)!

 

住吉の四柱といわれている

  • 底筒之男命(そこづつのおのみこと)
  • 中筒之男命(なかづつのおのみこと)
  • 表筒之男命(うわづつのおのみこと)
  • 神功皇后(じんぐうこうごう)

田蓑神社も、この四柱がご祭神です。

この四柱は海と関係が深く航海安全の神であり、祓いを司る神、五穀豊穣、農耕、産業、商業の神様といわれているんですね。

 

それなのに金運アップとはどこからきているのか???と思われたかもしれません。

それはご祭神がポイントのようなんです。

つまり、金運アップのご利益がある住吉大社と同じご祭神であることが、田蓑神社も金運アップの神社と言われるようなんですね。

 

東照宮の狛犬

 

この田蓑神社にも、なんと「東照宮」があるんです!

東照宮と言えば、徳川家康ですね。 

 

f:id:f-plus:20190815145549j:plain

 

なぜこの田蓑神社に東照宮があるのかというと…。

昔、徳川家康がこの地に立ち寄られ、川西市の多田神社に参拝する時に、この田蓑の漁師さん達が徳川家康をはじめ一行を船でお連れしたそうなんです。

そして、徳川家康から「全国のどこで漁をしても良いとし、また税も取らない」というごほうびをいただいたそうな。

それ以降、東照宮がこの田蓑神社に出来たそうです。

 

田蓑神社の場所は「佃(つくだ)」という住所なんですね。

東京の佃にある住吉神社は、地名も神社も、この田蓑神社と深い由来があるそうです。

 

さて、東照宮の狛犬さんもしっかり撫でさせていただきました(*'▽')

 

七重之社

 

東照宮の隣には、「七重之社」があります。

 

f:id:f-plus:20190815145624j:plain

 

小さなお社の中には、7柱の神様がいらっしゃいます。

 

f:id:f-plus:20190815145645j:plain

 

  • 天照皇大神社
  • 事代主神社
  • 大国主神社
  • 猿田彦神社
  • 八幡神社
  • 天満神社
  • 少彦名神社

皆さんも聞いたことのあるお名前があると思います。

こんな小さなお社に、日本の神様のオールスターが集まられているとはビックリ。

 

さあ、狛犬さんは…いない?と思ったらこんな小さな狛犬さんがいました!

 

f:id:f-plus:20190815145809j:plain

 

陶器でできた小さな狛犬さんにも、失礼しますと手を伸ばしてなでなで(笑)

 

稲生神社

 

こちらはおいなりさんの神社になります。

 

f:id:f-plus:20190815150045j:plain

 

いなり神社は、狛犬さんではなくてきつねさんですよね。

狛犬さんではなく、きつねさんが神様のお使いとなっています。

 

ここで、きつねさんの足も撫でさせてもらった方が良いのか?

…と、ちょっと迷いましたが、せっかくなので(なにが?)撫でさせてもらいました。

でも撫でた後、4体のきつねさんに一斉ににらまれたように思い、少し怖くなりました。

 

f:id:f-plus:20190815151416j:plain

 

絶対、怒ってはる…。

そしてすぐに、きつねさんに触ってしまってごめんなさいとお詫びしました(;^ω^)

 

本殿の横の鳥居の狛犬さん

 

さて、これで狛犬さんの全部の足を触らせてもらったと思ったのですが、もう1対狛犬さんを発見。

本殿の右横にある通路の先に鳥居があって、そこにも1対の狛犬さんがいました。

でもよく見ると、足がハゲています。

 

f:id:f-plus:20190815150327j:plain

 

もしかしたら、この狛犬さんが金運アップの狛犬さん?

参拝者に触られて、ハゲてしまったのでは?と思いました。

そして、この狛犬さんの足もなでなでさせてもらいました。

 

f:id:f-plus:20190815150431j:plain

 

もちろん対なので、こちらの狛犬さんの足もなでなで。

 

 

 

おしまいに

 

それにしても、神社に来てこんなに狛犬さんの足を触ったのは初めてです!

田蓑神社は、金運アップの神社と言われているにしては、とてもひっそりとしていました。

御朱印もいただきましたが、すでに出来上がっているものを勝手に袋から取り出し、賽銭箱にお金を入れるシステム。

 

f:id:f-plus:20190815151539j:plain

 

社務所の方も、中にいらっしゃるようでお会いすることはできませんでした。

私は、静かな神社が大好きなので、全然いいのですけどね~(*'▽')

 

田蓑神社は、住吉大社のご祭神が一緒で、徳川家康ともご縁がありますし、なかなか由緒のある神社でした。

参拝している時に、サァ~と風が何度も通り抜けていくのがとても気持ちよく感じました。

神社巡りはいつも、いい気をいただけますし、ありがたい気持ちになります。

 

今日はいつもの神社巡りとは違って、欲を出して(^^;)、狛犬さんを撫でさせてもらいました。

金運アップにつながるのかどうかは、それこそ神のみぞ知るですね~(笑)

皆様も機会があれば、ぜひ田蓑神社まで参拝におでかけください。

 

長々と書きましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

<田蓑神社>

 住所:大阪市西淀川区佃1-18-14

 

 

 

神社の帰りに寄ったお店の記事はこちら。

良かったらお読みくださいね(^^)/

 

www.ashitani-plus.com