明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

お馴染みのハロウィンのカボチャ「ジャックオーランタン」には、こんな物語があります!

f:id:f-plus:20191023235704p:plain

皆さん、こんにちは。コマさんです!

10月と言えば、「ハロウィン」ですね~(*^^)v

いつの間にやら、日本でも定着したハロウィン。

 

昨日スーパーで買い物をしていたら、ハロウィン用のカボチャが売られていました。

カボチャのそばには、「これは飾り用です。食べられません」と書かれていました。

食べられない野菜を売るなんて、少し前まではなかったですよね~。

 

ハロウィンといえば、カボチャのお化けのイラストをよく見かけますね。

このカボチャのお化けの名前は「ジャックオーランタン」と言うんですよね。

なんでジャックオーランタンというのか、調べてみたらこんな物語がありました。

 

f:id:f-plus:20191024001533p:plain

 

ハロウィンの日は10月31日。

この日は、あの世とこの世の境目が無くなる日。

悪魔はこの日をねらって、人間の魂を取ろうとするのです。

人間は魂を取られたら大変だから、仮装をして人間じゃないふりをするんですね。

 

昔、ジャックという、酒飲みで乱暴な男がいました。

ハロウィンの夜、悪魔がジャックの魂を取ろうとしましたが、ジャックは悪魔を上手くだまします。

それからもジャックは、何度かハロウィンの夜に悪魔と会います。

そのたびにジャックは、悪魔にうまいことを言い、そして絶対に魂を取らない約束をさせました。

 

そして、月日がたちジャックは死にました。

とても悪い男だったジャックは当然、天国には行けません。

地獄に行くとあの悪魔がいましたが、魂を取らない約束をしたからと、ジャックを地獄にも入れてくれませんでした。

天国にも地獄にも行けなくなったジャック。

行く当てのないジャックは地獄で火をもらい、その火でランタンを作りさまよい続けたということです。

 

f:id:f-plus:20191024001553p:plain

 

これがジャックオーランタンのお話です。

ハロウィンでおなじみのカボチャは、この話がもとになってできたものなんです。

でもお話としては、ちょっと悲しい物語ですよね~。

イラストでよく見るオレンジのカボチャは、明るいイメージですけどね(*´▽`*)

 

さて、皆さんのご家庭でも、ハロウィンの飾りつけをされているのでしょうか。

お子さんがいらっしゃるご家庭の皆さんは、ハロウィンの夜にジャックオーランタンのお話をお子さんにしてあげてくださいね!

 

こちらは、私の思い出に残るハロウィンのお話。

良かったらどうぞお読みください!

 

www.ashitani-plus.com