明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

「美々卯(みみう)」のうどんすきが好き ♪

f:id:f-plus:20190703005159j:plain

皆さん、こんにちは。コマさんです!

大阪にはホテルが多いなあと、G20サミットが終わって改めて思いました。

大阪に住んでいるので、大阪のホテルに泊まることはないのですが、行くとしたらやっぱりランチかお茶ですね。

先日、心斎橋の日航ホテルの「美々卯(みみう)」に行ってきました。

美々卯はうどんすきのお店なんですよ~ (^O^)/

 

 

 

 

うどんすき「美々卯」

 

久しぶりに会った友達が、うどんすきの「美々卯(みみう)」に行きたいというので行くことにしました。

うどんすきと言えば美々卯というほど、大阪ではたいがい知られているお店です。

店舗もたくさんあるのですが、今回は心斎橋の日航ホテルの中にある美々卯さんに行きました。

 

うどんすきは、お出汁の中に具とうどんを煮て食べるお鍋のことなんですね。

すき焼きとは別物です。

大阪のお出汁はやっぱり美味しいですよ~。

この美々卯さんの鰹と昆布でとったお出汁は、やっぱり最高の美味しさです!

ついつい飲んでしまうので、お出汁をお店のおねえさんに足してもらいます(笑)

 

今回のメニューはもちろん「うどんすき」

 

美々卯さんには、うどんすきの他にもいろいろメニューはあります。

でも、やっぱり今回もうどんすきを注文です!

運ばれてくる具はこんな感じ。

 

f:id:f-plus:20190703010021j:plain

 

それにしても、どうして、割りばしを真ん中に置いたまま写真をとったのでしょうね~。

我ながら、センスがない写真です (笑)

左の緑色のものは箸置きではなくて「お餅」ですよ~。

 

そしてお店のおねえさんに「エビは活きたままにしますか?ボイルにしますか?」と聞かれます。

もちろん「ボイルで」と答えます。

なぜならば、活きたままのえびははねるので、トングではさんで鍋の底に沈めないといけないんですね。

出来上がったエビは喜んで食べるくせに、その作業が昔からすごく嫌いな私。

 

そして、うどんすきは冒頭の写真のように出来上がります。

ふたりで、ワイワイ話しながら、あつあつうどんすきを平らげていくのでありました。

このうどんすきの値段はおひとり3,500円です。

ちょこっと (私にしたらすごく⁉)お高いランチでございます(笑)

 

 

 

他にはこんなメニューもありました

 

美々卯さんに行くと、たいがいうどんすきを食べてしまいます。

でも、メニューをよく見ると、こんなものもありました。

 

f:id:f-plus:20190703004455j:plain

 

しゃぶしゃぶもあるんですね~。

 

f:id:f-plus:20190703004931j:plain

 

このようなお弁当やしゃぶしゃぶ膳などもありました。

 

f:id:f-plus:20190703005037j:plain

 

天丼まであったとは知りませんでした。

どれも美味しそうでしたよ~(*´▽`*)

 

今回はうどんすきの「美々卯」さんのご紹介でした。

皆さん、夏でも鍋を食べましょう!

私は「夏でも鍋推進派」なんです (笑)

暑くても、冷房さえあれば大丈夫ですよ~(^O^)/

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。