明日にプラス

大阪のこと、日々のいろいろなことを書いてます

何でも知ってるつもりでも、ほんとは知らないことがたーくさんあるんだよ。

f:id:f-plus:20200320012409p:plain


皆さん、こんにちは!コマさんです。

毎日いろいろなことがありますね~。

でも、なんであれ、どれも経験してみないと本当のところはわからないと思うんですよね。

 

昔、子供とよく見たアニメ「おでんくん」の始まる時のフレーズで

「何でも知ってるつもりでも、ほんとは知らないことがたーくさんあるんだよ」

というのがあります。

このアニメは、リリーフランキーさんが作られた絵本なんです。

 

このアニメは、東京タワーの近くにある屋台のおでん屋さんが舞台です。

そのおでんの鍋の底に、おでんの妖精たちが住んでいるのです。

ゆるーいキャラ達ばかりですが、内容が案外深いなあと思う大好きなアニメでした。

 

私は、この冒頭のフレーズが、すごく印象に残っているんですね。

同じくリリーさんが書かれた「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」にも 

同じような言葉があるそうですよ(#^.^#)。

 

そして今日は、知っているつもりでも、ほんとは知らなかったあることを経験しました。

それが何かというと、子供が成人になって家を出ることになったのですが、その時に感じる感情を知ったということです。

今回は、大阪から近い場所でもなく、かなり離れたところとなりました。

 

子供がひとり立ちをするということは、周りでもたくさん話を聞きますし、なんとなく知っているつもりでした。

でも、知っているつもりでも、知らなかったんだなあと思います。

すべての人が、全く同じ感情になるはずはないのですが、自分がこんな風な感情になるんだなというのはわからなかったですね。

 

まあ、私の感情を細かく書いてもしょうがないので書きませんが(笑)

何でも知ってるつもりでも、やっぱり知らないことはたくさんあるものですね( *´艸`)

子供に対する気持ちを考えていたら、親が私に対する想いはどんなものだったのかなあと想像もしました。

 

新しい生活を楽しみにしている私とは反対に、きっと両親は、いろんなことを想いめぐらせたことでしょう。

たぶん、今の私と同じようだったのでは?と思います。

そして、自分の体を大事にして、がんばってほしい…と心の中できっとエールを送ってくれたはず。

そんな当時の親の心境も、今頃わかるようになるものなんですね。

 

私も子供に対しては、「体に気をつけて、元気でがんばってほしい」という気持ちです。

失敗を恐れず、いろんなことを経験して、自分の中の引き出しを増やしてほしい。

感謝を忘れずに、そしてたくさんの良い方々に恵まれますように(*´▽`*)

 

このブログを、子供が読んでくれたらいいなとほんの少し思いつつ(たぶん、ないでしょうが💦)想いを書いておこうと思いました。

私自身も、体に気をつけて、これからもますますがんばろうという気持ちです。

 

毎日を楽しく生きることは、本当に大切なことだと思うんですね。

これは、すべての人にとっても大切なこと。

皆さんも、どうぞ体に気をつけて、これからも楽しい毎日をお過ごしくださいね。

明日も良い日になりますように(*´▽`*)

 

それでは今日はこの辺で。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました~(^O^)/

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村