明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

「マリーゴールド」は鮮やかなオレンジ色!

f:id:f-plus:20190918223706j:plain

皆さん、こんにちは! コマさんです。

皆さんは「マリーゴールド」をご存知ですか?

あいみょんの曲のタイトル!と思われた方もいるかもしれませんね~(*´▽`*)

 マリーゴールドは、鮮やかなオレンジや黄色の花なんですね。

 

 

 

この花の名前の由来は、聖母マリア様の祝日に咲く花として「マリア様の黄金の花」と言われているのだとか。

それで「マリア様の黄金の花」いうことでマリーゴールドと呼ばれるそうなんです。

 

最近思うのですが、このマリーゴールドは、今では認知度も高いせいか「マリーゴールド」が、すなわち色として扱われていることなんですね。

海外では、元々色として扱われていたと思うのですが。

日本でも、すみれ色とか、桜色とかは昔から使われていますよね。

でも今では、マリーゴールド色と言えば、鮮やかなオレンジのこととわかりますもんね。

 

同じような例で言えば、ラベンダー色もそうでしょうか。

ラベンダー色も、淡いむらさき色と今ではわかります。

昔だったら、うすむらさき色と呼んでいたと思うんです。

いつのまにかその該当するお花がメジャーになり、お花の名前がすなわち色として呼ばれるんですね。

 

日本では、さくらさんやすみれさん、ゆりさんなどお花の名前の方もたくさんいらっしゃいますね。

以前、夢中で見ていたイギリスのドラマ「ダウントンアビー」でもマリーゴールドという名前が役の女の子がいました。

お花の名前を女性につけるのは、世界で共通なのかもしれませんね~(^^)/

 

可愛いお花が、色や名前に使われるのは素敵ですよね。

これからも、可愛い花の名前の色が増えていくといいなあ。

今日、ふとしたところからそんなことを思いました(*´▽`*)

 

www.ttrinity.jp