明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

モノを探すということは、時間の無駄遣いという話

f:id:f-plus:20190616001817p:plain

自転車で出かける用事があったのに、いざ自転車に乗ろうと思ったらカギがない。

あ~自転車にカギをつけたままなんや~と思って、自転車をみたらカギがかかっている。

 家に戻って違うカバンの中かな、と思ってみたけれど、ない。

 

???

さすがに、落としたのかも?と、心がざわざわし始めます。

時間ばかりたってしまい、でも行かなければいけないので、やむなく歩いて行くことにしました。

 

途中、いつも行くスーパーに寄ったので、ここで落としたのかも?と思い聞いて見ることに。

「カギですか?ちょっと待ってください」

店員さんの優しい声に、カギがあることを期待して待ちます。

 

しばらくして店員さんが持ってきた、透明の釣り具入れのようなケースの中には、それはそれはビックリするほどいろんなカギが入っていました。

ひとつずつ見たけれど、やっぱりありません。

 

歩きながらも、行った先でも、カギのことが気になります。

前回乗ったことを思い出したり、もう1回バッグの中を確かめたり。

探し物は、探すとなかなか出てこないもの。

スペアのカギがなく、カギはひとつだけしかないので、困ったなあと思いながら家に帰りました。

 

家に帰ってしばらくしたら、前回自転車に乗った時、普段使わないバッグを使ったことを思い出し…。

そのバッグを開けてみたら、あった~!!

カギがようやくみつかりました!

 

私はこの時点でホッとしたのと同時に、かなりの時間を自転車のカギを探すことと、気にすることに時間をかけてしまったと思いました。

モノは使ったらいつものところに戻すのは、本当に大事だと改めて感じます。

とにかく片付けて、シンプルに生活すること。

そうすることで、探すことに時間をとられないので時短にもつながるんですよね。

「探す」ということが、非常に時間を取られるということ、つまりは時間の無駄遣いであることに気がついた日でありました。

 

そして落とし物のカギは、スーパーにかなり保管されていることも知りました (笑)

カギをなくされた方は、よく行くスーパーに聞いてみると見つかるかも⁉ですよ('◇')ゞ