明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

岩合光昭さんが映画「ねことじいちゃん」を初監督。原作のコミックが面白いですよ〜!

f:id:f-plus:20190705004336j:plain

皆さん、こんにちは。コマさんです。

先日、姪っ子ちゃんに本を借りました。

本と言っても、コミックです(笑)

 「ねことじいちゃん」というコミック。

 

本の帯には、あの岩合光昭さんが、このコミックを元に映画初監督をされたと書いてあります。

NHKの「世界ネコ歩き」が大好きな私ですが、初監督の映画のことは全然知りませんでした。

 

「ねことじいちゃん」の映画は、2019年2月22日に公開されたそうです。

どんな映画だったのかレビューを読んでみると、映画としてはあまり評価されていないような感じでした。

そのあまり評価のないレビューの数々は、映画を見ていない私でも、なんとなく想像できます。

 

なぜならば、この原作のコミックがすごく良いのです!

このマンガのフワッとした空気感は、なかなか実写版では表せないと思うんですね。

とにかく、ねことじいちゃんがかわいいのです。

 

f:id:f-plus:20190705010428j:plain

 

「ねことじいちゃん」は、ばあちゃんに先立たれたじいちゃんと、ねこのタマさんとの日常の物語。

ふわりとゆるく、ほのぼのとしていて、すこし切ない部分もあるコミックです。

作者はねこまきさん。

機会があれば、皆さんにも読んでいただきたいコミックです(^O^)/

 

そして、大好きな岩合光昭さんは、やっぱり動物写真が最高ですね!

私は、ずっと岩合さんのことを、ねこ専門の写真家だと思っていました。

でも、JAFの表紙を担当されてから、いろいろな動物を撮られていることを知りました。

ちなみに、今月のJAFさんの冊子からお借りしたものがこちら。

カンジキウサギさんです。可愛いですね~(*'▽')

野ウサギで敏感らしいのですが、さすが岩合さん!

こんな風に撮れるなんて、さすがです。

 

f:id:f-plus:20190705004551j:plain

 

なんだか話があちこちに飛んでいますが、私が言いたかったのはコレ。

「ねことじいちゃん」はコミックで読んでほしいことと、岩合さんの写真は最高だということでございます。

でも、実際「ねことじいちゃん」を映画で見たら最高!というのかもしれませんが (笑)

 私も機会があれば、映画も見てみたいなと思いました。

 

それでは、今日はこの辺で。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。