明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

益田ミリさんの「きみの隣りで」。じわじわと心が温かくなる本です。

f:id:f-plus:20190303120542j:plain

皆さん、こんにちは。コマさんです。

先日、大好きな益田ミリさんの本を、友達がプレゼントしてくれました。

今回、プレゼントしてもらった本のタイトルは「きみの隣りで」。

それでは、益田ミリさんワールドをお届けします!

 

 

 

 

女子ならたぶん好きなはず「益田ミリさん」

 

益田ミリさんは1969年大阪生まれのイラストレーターさん。

益田さんが描かれるイラストは、サラッと描かれていて一見手抜きしているように見えてしまう…と初めて読んだ時にはそう思いました。

でも、それは大変失礼なことだと、1冊目を読んでる最中から気づきます。

ミリさんの描くほんわかした絵は、本の中に出てくるたくさんの言葉と本当にマッチしているんです。

 

とにかく、セリフの言葉がすごく深いんです。

人のいろいろな感情は、なかなか言葉に出来ないことが多いものですよね。

でもミリさんは、人の心の中の気持ちを、言葉で表すのが本当にとても上手で…。

ミリさんの描く登場人物の心の中の言葉に、グッときて涙が出てきたことも1度や2度ではありません。

 

また、2013年には「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」」という映画も公開されました。

こちらの映画は、益田ミリさん原作「すーちゃんシリーズ」をもとに映画化されたものです。

 柴咲コウさん、真木よう子さん、寺島しのぶさんが共演されました。

 

すーちゃん まいちゃん さわ子さん [DVD]

すーちゃん まいちゃん さわ子さん [DVD]

 

  

「きみの隣りで」

 

さて、今回プレゼントしてもらった「きみの隣りで」をご紹介します。

 

「きみの隣りで」の主人公の早川さんは、森の近くで歯科医の夫と息子と3人で住む主婦。

早川さんは、毎日森に出かけて自然に触れながら過ごしています。

でも、こんなに自然が大好きな早川さんですが、お取り寄せを頻繁にする現代女性でもあります。

仲良しの都会に住むマユミちゃんとせっちゃんは、早川さんの住む家によく遊びに来ます。

他にも息子の先生や、そのお母さんなど、さまざまな登場人物が現れます。

早川さんと関わりのある、すべての登場人物の日常生活も描かれています。

それぞれの心の内が、早川さんによって前向きになっていくのがとてもいい感じ。

 

とにかく、早川さんに、あこがれます!

私もこんな人になりたいなあ 、なんて思ってしまいました (*´▽`*)

 

きみの隣りで (幻冬舎文庫)

きみの隣りで (幻冬舎文庫)

 
週末、森で (幻冬舎文庫)

週末、森で (幻冬舎文庫)

 

 

 

 

朝日新聞エッセイ「オトナになった女子たちへ」

 

本当に益田ミリさんの本は、女性に大人気。

でも、男性の皆さんも、益田ミリさんを知ってるという方は多いかも。

というのは、朝日新聞に載っているからなんです!

 

こちらは隔週で「オトナになった女子たちへ」というタイトルで掲載されています。

毎週金曜日に、伊藤理佐さんと交互に書かれているんですね。

 

こちらのエッセイでは、益田ミリさんのイラストと共に、ミリさんがその時々のことを書かれています。

 

f:id:f-plus:20190303122221j:plain

      <朝日新聞 2019年2月8日分より>

 

朝日新聞をとられている方なら、読んだことあるある~でしょ (笑)

もし、読み飛ばしておられる方は、ぜひ読んでみてくださいね。

益田ミリさんワールドにはまりますよ~(^^)/

 

おしまいに

 

今回は、益田ミリさんの「きみの隣りで」をご紹介しました。

ミリさんの本はすぐに読めますが、読んだ後はじわじわと温かさが心の中に広がっていきますよ~。

そして、また読みたくなってしまう、そんな本なのです (*^▽^*)

 

実がならない木はあっても

花が咲かない木はないんだよ

 

という、「きみの隣りで」の中の、早川さんの言葉で本日は終わります。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m