明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

2025年「大阪万博」決定!

f:id:f-plus:20181124233728j:plain

皆さん、こんにちは。

ニュースなどですでにご存知でしょうが、2025年に「大阪万博」が開催されることになりました!

1970年以来ですので、55年ぶりに大阪での2度目の開催となります。

決定したばかりですので、いろいろなことはこれからでしょうが、今回は「大阪万博」についてお届けします。

 

 

 

「大阪万博」決定!

 

さてこの度2025年に、大阪で国際博覧会(万博)が開催されることに決定しました。

大阪以外にも立候補していた国はふたつ。

ロシアと、アゼルバイジャンという国でした。

 

そのふたつの国を抑えて、2018年11月23日に日本が選ばれたのです!

最終プレゼンのビデオメッセージでは、総理である安倍晋三首相も登場しました。

2025年の万博は、たくさんの人の力と応援が実ったというわけですね。

 

大阪での開催は、1970年以来のことで、55年ぶりとなります。

1970年当時の入場者は、約6422万人だったそうです。

2025年の入場者の見込み数は2800万人。

150か国が参加する予定だそうですよ。

 

開催の日時や場所は?

 

それでは、2025年の開催日時や場所をお伝えしましょう。

 

開催日時 : 2025年5月3日(土)~11月3日(月)

開催場所 : 大阪 夢洲(ゆめしま)

 

となっています。

約半年間の開催となるわけですね。

夢洲の場所は、下の地図に示された通りです。

 

f:id:f-plus:20181124225127j:plain

                (2025日本万国博覧会誘致委員会事務局より引用)

 

この夢洲は大阪市此花区にある人工島です。

ここは大阪市の最西端に位置するところです。

 

交通アクセスは、万博が決定したことにより、これからまた便利な交通機関が検討されているようです。

 

そもそも万博とは?

 

2025年の万博は、「いのち輝く未来社会のデザイン」がテーマなんだとか。

よくわかったような、わからないような感じですね。

 

そもそも万博とは、世界中からたくさんの人が集まるイベントのことです。

1970年に大阪で開かれた万博は、日本の高度経済成長をシンボライズする一大イベントでした。

 

また、万博が開催されることで、新しい商品が生まれるきっかけにもなるそうです。

例えば、1970年の大阪万博では

 

・ファミリーレストラン

・ワイヤレステレフォン

・電気自動車

・動く歩道

 

などが商品として開発されたそうです。

2025年の万博では、何が商品として開発されるのか楽しみですね。

 

また、万博の目的は、2015年に国連本部が開発目標として決めた「SDGs(えすでぃーじーず)」が、達成された社会を目指すために開催するそうです。

 

なんだか難しい感じに思えますが「SDGs」は下のとおり17個あるんです。

ひとつひとつよんでみると、そんなに難しい内容ではありません。

この17個が達成された社会が、理想の社会というわけですね。

 

f:id:f-plus:20181124233454j:plain 

おしまいに

 

今回は2025年の万博についてお伝えしました。

たくさんの方が来られる万博を開催すると、経済効果があると言われています。

 

世界との交流、地域経済、また中小企業も活性化します。

今よりももっと日本を世界に広めることもできます。

 

この万博を開催することで、いろいろな効果があるといいですね。

また、これからも2025年万博のことを、皆さんにお伝えできたらいいなと思っています。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

www.ashitani-plus.com