明日にプラス

いろいろな大阪を皆様にお届けします

「さよさんの開運・整理収納術」を読んでみました<本紹介>

f:id:f-plus:20180929002450j:plain

皆さん、こんにちは。

私、収納や片付けの本が好きなんです。

 そんな風に言うと、さぞかしきれい好きに思われるかもしれませんが。

実際は、本を読むわりにはスッキリと片付かないんですよね。

それなのに、また読んでしまいました(笑)。

今回読んだのは「さよさんの開運・整理収納術」です。

まずは、どのような本なのかをご紹介します。

 

 

「さよさんの開運・整理収納術」どのような本?

 

この本は、整理収納アドバイザーである小西紗代さんが書かれた本です。

 

f:id:f-plus:20180929002450j:plain

 

「家の中を片付けるとお金が貯まる」と興味深々な内容から始まります。

小西さんは、整理収納アドバイザーであり、風水鑑定士でもある方です。

風水と言えば「西に黄色」で有名ですよね。

たぶん、皆さんもお金が貯まると言われる「西に黄色」のものを置くというのを試したことがあるのでは?

私?もちろんやりましたよ。

家の西側のカーテンを黄色にしました(笑)。

 

風水というのは、「気」の力を利用した「環境学」なんだそうです。

ですから、この本は「気」を大切にして、幸せになるために、気持ちの良い環境作りが大切と書かれています。

本の中には、

・「気」に入らないものは死んでいます

・  3年以上着ていない服は死んでいます

など、ちょっとドキッとする言葉が出てきたり。

でもこの本は、イラストや写真も多くて、とても読みやすい本なんですよ。

 

私はこの4コマイラストが妙に印象に残りました。

 

f:id:f-plus:20180929002516j:plain

f:id:f-plus:20180929002529j:plain

 「さよさんの開運・整理収納術」小西紗代 17ページ引用

 

 

 

そして、金運の上がる片付け方が、風水を取り入れた方法とともに紹介されています。

風水に興味のある方なら、楽しく読めると思いますよ。

玄関やキッチン、トイレなど場所別に書かれています。

私も久しぶりに、風水をやってみたくなりました。

 

さよさんの開運・整理収納術

さよさんの開運・整理収納術

 

 

近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」

 

さて、「さよさんの開運・整理収納術」を読んで、「人生がときめく片付けの魔法」という本を思い出しました。

こんまりさんこと、近藤麻理恵さんが書かれた本です。

この本は、2011年に出版されて、話題になった収納の本です。

 

簡単に言うとこの本は、「触ってときめくものだけを残す」というものです。

お気に入りを残しましょうではなく、ときめくものを残す…。

何を捨てるというより、ときめくものを残すというわけです。

 

「ときめく」という言葉にときめいた私 (笑)。

当時は、ときめくかどうかで判断して、片づけをしたものです。

 

この方法で片づけをすると、二度と散らからなくなり、一生きれいな部屋で過ごせるのだとか。

ときめくものだけ残すと人生が好転し始めるそうですよ。

片付けの順番は衣類、本、書類、小物、思い出の品が良いそうです。

 

2つの片づけ法を比べてみて

 

この2冊の本を比べてみて、どちらが良いとはもちろん言えないですね。

自分にあう、収納法や片づけは、それぞれ違うわけですから。

でも、ひとつは「気に入らないものは死んでいる」と書かれていて、もうひとつは

「ときめくものだけ残しましょう」と書かれています。

このふたつの行き先は、「気に入ったものだけで気持ちよく暮らす」という同じ目的地。

 

でもふたつの本は片付けのやり方も違いますし、まったくの別ものです。

どちらの本も読んでいる最中に、家の中を片付けたい!という気持ちにしてくれます。

それにしても、ほんとに、我が家も片付けなくては…。

 

最後に

 

とにかく、どちらの本も読めば、どんどん片付けをしたくなりますよ。

私も、今回の「さよさんの開運・整理収納術」を読んで、ちょっと忘れていた風水を取り入れたくなりました。

 

そして、一気に部屋をきれいにすることはなかなかできないのですが、ときめきを感じながら、ぼちぼちお片付けしたいと思っています。

 

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

 

人生がときめく魔法の片づけノート

人生がときめく魔法の片づけノート