明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

秋の定番「2018 大阪クラシック ♪ ~街にあふれる音楽~ 」

f:id:f-plus:20180904171915j:plain

皆さん、こんにちは。

まだまだ暑いですけれど、やっぱり9月になったら秋を感じることが多くなりますね。

 涼しくなってくると、過ごしやすくていろいろなところに出かけたくなりますよね。

さて、大阪の秋の定番と言えば「大阪クラシック」。

 

クラシックって、もちろんクラシック音楽ですよ。

本格的なクラシック音楽を、2018年は 9/9(日)~9/15(土)の1週間、大阪の街中で聴くことができるんですよ。

 

 

大阪クラシック」とは?

 

皆さんはクラシックの音楽はお好きですか?

大好きという方も、あまり聞かないなぁという方もいらっしゃいますよね。

でも、この「大阪クラシック」は普段クラシック音楽を聴かない方こそオススメなんです。

この「大阪クラシック」は今年で13回目になります。

大阪フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者である大植英次さんがプロデュースされています。

 

f:id:f-plus:20180904172207j:plain

 

大阪のメインストリートである御堂筋や、中之島をメインにクラシック音楽を聴くことができるんです。

この「大阪クラシック」が開催されている期間は1週間。

有料場所もありますが、ほとんどが無料!なんですよ。

クラシック音楽に詳しくない私ですが、目の前で演奏されているのを聴くと本当に魅了されてしまいます。

とても気軽にクラシック音楽を楽しめるので、毎年楽しみにされている方がたくさんいらっしゃいます。

クラシック音楽って、こんなに素敵な音楽だったんだなと再認識します。

 

開催場所は?

 

この大阪クラシックは、開催場所がひとつではありません。

開催場所は、なんと「31」会場 もあるんですよ。

メインは御堂筋や中之島のあたりで開催されますが、大阪を代表する大阪市中央公会堂をオープニングに始まります。

 

f:id:f-plus:20180904171935j:plain

 

そして毎日、オフィスビルやホテルのロビー、カフェなどで開催されます。

この会場となる、それぞれの場所もきれいで素敵なところですよ。

 

f:id:f-plus:20180904172011j:plain

 

特に中之島辺りは、水の都大阪を象徴する場所なんです。

レトロな建物も多いですし、きれいなオフィスもたくさんあるところ。

例えば中央公会堂は、今年で会館100周年を迎える重要文化財です。

外から見るだけでも美しいのに、中に入って演奏も聞けてしまうのですから嬉しくなりますよ。

1日に演奏されるのは、10~13会場にもなります。

そして「大阪クラシック」のラスト公演は、新しくなったフェスティバルホールで締めくくりとなります。

フェスティバルホールは音響が素晴らしいホールです。

ホールの地下には、レストランや、おしゃれなお店もありますよ。

 

2018年のスケジュールは?

 

それでは、2018年の「大阪クラシック」のスケジュールをお知らせします。

9/9(日)~9/15(土)の7日間、公演が続きます。

それぞれの開催の日には、10~13カ所の会場で開催されます。

詳しい会場と時間は、次のサイトをご覧になってください。

 

www.osaka-classic.com

有料の公演のチケットのお問い合わせは、大阪クラシック事務局 06-6210-2454 (平日10時~18時)までおかけください。

しかし、公演は無料で行われるところが大半です。

無料公演でしたら、ご希望の時間の少し前に、気軽にお立ち寄りになるだけで大丈夫。

本格的なクラシック音楽を楽しめることができますよ。

私も、開催期間中の都合の良い日に、公演をはしごして楽しんだりします。

平日でも、たくさんの方が楽しんで公演を聞かれてますよ。

 

まとめ

 

  • 大阪では毎年秋に「大阪クラシック」が開催
  • 2018年は9/9(日)~9/15(土)の7日間
  • 公演は、有料もありますが大半が無料
  • 会場は1日10~13会場で開催

 

なかなかクラシック音楽をじっくり聴けない毎日ですが、この「大阪クラシック」はそんな毎日を少し変えてくれます。

大阪クラシック」に訪れたら、とても優雅でステキな時間を過ごせますよ。

皆さんも機会があればぜひ、お気軽にお立ち寄りになってくださいね!