明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

「人生オークション」を読んでみました<本紹介>

f:id:f-plus:20180627222121j:plain

 皆さん、こんにちは。コマさんです。

 昨日、図書館に行ってこんな本を借りてきました。

 原田ひ香さんの「人生オークション」です。

昨日、図書館からメールが入ってて「予約本が届いてますよ。」ということだったのでいそいそと借りに行ったわけなんですけど…。

 

写真の通り、こんなかわいい表紙の本です。

でもでも…。コマさんは予約していないんですよ、この本。

 

いつも図書館からのメールは、予約した本のナンバーで連絡がくるので、メールには本のタイトルがないんですね。

 

私はたくさん予約しているので、いつも図書館のカウンターでもらうまでどの本が来たのかチェックしないんです。

カウンターで渡される時、この本が来たか~と嬉しくなるんですけど、いつもは。

 

「人生オークション」を渡されたときは、てっきり誰か他の人との間違いだと思いまして。

それで、カウンターの係の人に

「私、この本は予約していないんですけど…。」と言ったんですね。

そうしたら、カウンターの図書館のお兄さんが

「そんなことはありません。それはあなたが予約した本です。

 実際、予約していなければ、あなたの図書館カードのナンバーで登録されるはずもないし、借りることもできないシステムなんですよ。」

とおっしゃる。

というわけで、せっかくなので借りてきました。人生オークション。

今日は時間があったので、早速読んでみることに。

 

この本は就職がうまくできなかった瑞希(みずき)と瑞希の叔母との物語。

叔母のりり子は不倫をしていた上に、相手の男性をナイフで刺して怪我をさせてしまいます。

そんな前科者の叔母がひとり暮らしを始め、不倫生活で買った有り余るいろいろなものを、瑞希はネットオークションを利用して処分していきます。

どうしようもないはずの叔母だったのに、本当の叔母を知った瑞希。

そして瑞希がとった行動は…。

 

こんな内容の人生オークション。

物をネットオークションで処分していく、瑞希とりり子の6ヶ月間の物語に、ぐっとくる箇所もありで、とにかく引き込まれました。

今でも予約した覚えはないのですけど、でも読めて良かった!が感想です。

 

作者の原田ひ香さんは「東京ロンダリング」を書かれた方。

その本も以前に読んで良かったので、この本も忘れてるだけで、やっぱり自分で予約したのかなあ。

どうなんだろう、本当は。

 

「人生オークション」は1冊に2つのお話が入っていて、とても読みやすい本なんです。

とにかく、読んでよかったなと思える本に出合えるのは嬉しいことですよね。

皆サンも、良かったらぜひ!「人生オークション」を読んでみてくださいね。

 

人生オークション (講談社文庫)

人生オークション (講談社文庫)