明日にプラス

大阪のいろいろな情報をお届けするブログ

2018年の天神祭の花火大会 日時と場所と穴場!!

f:id:f-plus:20180601235612j:plain

こんにちは!。コマさんです。

だんだんと暑くなってきましたね~。

 もうすぐ本格的な夏になりますが、皆サンの夏のお楽しみは何でしょうか。

やっぱり夏のお楽しみと言えばお祭り!という方に、ぜひお伝えしたいのが今日のお話。

それは大阪の「天神祭」です!

天神祭にはたくさんの神事がありますが、中でも人気なものは「花火大会」ですよね。

今回は天神祭の花火大会についてご案内します。

 

天神祭の花火大会の日時は?

 

さて、2018年の天神祭の花火大会の日時は

 2018年7月25日(水)

に開催されます!

天神祭は毎年7月25日に花火大会がありますよ。

花火大会の時間は

 午後7時30分~午後8時50分

までです。

天神祭の花火大会は毎年130万人も来られるんです。

とにかく人でいっぱいなので、花火大会の始まる時間よりは早めに来られることをオススメします。

 

天神祭りの花火大会の場所は?

 

天神祭の場所は、大阪都島区の

毛馬桜之宮公園」と「川崎公園」

 の2カ所です。

天神祭の花火大会は打ち上げ場所が2カ所あるんですよ。

この2カ所は大川を挟んで対岸にあります。

毛馬桜之宮公園は打ち上げ花火があげられて、川崎公園の方は、文字仕掛け花火があげられるんです。

打ち上げられる花火は、約5000発。

美しい花火が夜空を彩ります。

そして、文字仕掛け花火は、協賛の企業などの企業名が花火になります。

以前、金鳥の蚊取線香のコーマーシャルで、金鳥の文字が光っているのをご覧になったことはありませんか?

まさにそれが文字仕掛け花火。

ふたつの花火を楽しめるのが天神祭の花火大会のいいところなんですよ~。

 

天神祭の穴場スポットは?

 

花火を見るなら、できるだけ人で混んでいなくて、きれいに見えるところがいいですよね。

とは言うものの、天神祭の花火大会は人でいっぱいなので、混んでいないところなんてなかなかありません。

というわけで、混んではいるけど比較的すいているところをご紹介しますね。

まずは打ち上げ場所の南側にある、藤田邸跡公園です。

この公園は打ち上げ場所に近いわりには、比較的すいている場所です。

打ち上げ花火も、文字仕掛け花火も良く見えますよ!

そして、花火を見るならやっぱり大川にかかっている橋…と思うのは誰もが考えることであります。

確かに、近くの桜ノ宮橋や源八橋は、それはすごい人だらけ。

人がいっぱいでも平気!という方にはおすすめの橋です。

でも、少し人がすいているところをご希望ならば、打ち上げ場所より北の、都島橋か飛翔橋がおすすめです。

ここならば、打ち上げ場所からは少し離れていますが花火も見れますし、打ち上げ場所のそばよりは混んでいません。

飛翔橋からは、大阪城がライトアップされているところも見れますよ~。

 

というわけで、2018年の天神祭の花火大会をお知らせしました。

当日は本当に人で混む桜之宮公園辺りですが、普段はお散歩するのにはとても良いところなんですよ。

先ほどお知らせした藤田邸跡公園も無料で見ることができます。

こちらは、午前10時から午後4時まで開放されていて、手入れされたとても美しい庭園です。

f:id:f-plus:20180604233151j:plain

 

この写真が藤田邸跡公園の中の風景です。

落ち着いた庭園に、皆さんも癒されますよ。

 

さあ、花火大会が始まるまでに、下見がてらにこの桜之宮公園界隈にお散歩に来られてはいかがでしょうか。

川崎公園の方は、造幣局があり、造幣局の博物館もありますよ。

もちろん、無料です。

この辺りの川沿いを歩けば、のんびり過ごすことができるのでおススメです!

天神祭の時は、どの辺りで見ようかと今から決めておいたら、当日は慌てることなく楽しめますね。

 

桜ノ宮公園>

  交通:大阪地下鉄 谷町線天満橋駅」下車

      京阪電車天満橋駅」下車

      JR「大阪城北詰駅」下車 

     環状線桜ノ宮駅」下車